クレジットカードを作るのには何が必要?何が行われる?

スポンサーリンク

クレジットカードを作ろう!と思った時に必要になるものは何でしょうか?またクレジットカードを作る上で審査というものが行われる事は知っているけど、審査って何?と思う方に簡潔に説明してみます。別に難しいものはありません。

クレジットカードを作る上で必要なもの

クレジットカードを作る上で必要なものはいくつかあります。

  • 入会申込書
  • 電話と住所
  • 印鑑
  • 銀行等の口座
  • 身分証明書
  • 収入もしくは資産の証明となるもの(原本もしくはコピー)

入会申込書

これは当然すぎるほど当然ですよね。申込書が無ければ申し込めません。ネットで申し込む場合でも仮登録であり実際には後で本申込書を書面で送るというのが一般的です。申し込もうと思うクレジットカードのサイトに行けば簡単に送ってもらう事が出来ます。

電話と住所

当然ですが電話と住所が無いと申し込みが出来ません。住所不定ではクレジットカードは絶対に作れません。電話も必ず必要です。ただし昔は固定電話だけしか認めてもらえませんでしたが今は携帯電話でもIP電話でも大丈夫になっています。

印鑑

日本では印鑑がかなり法的な拘束を持っています。申込書に印鑑は必要です。無い場合は作っておきましょう。

銀行等の口座

銀行口座も基本的には必要ですが、一部無くても作れる場合があります。クレジットカードを使った場合やクレジットカードの年会費は基本的に口座振替です。そのため銀行等の口座は事前に作っておきましょう。

身分証明書(本人確認書類)

クレジットカード会社はクレジットカード発行をする場合、クレジットカード会社に本人確認をする事を法律で義務付けています。本人確認が出来ない場合はクレジットカードの発行は行えません。本人確認書は免許証で十分です。免許証を持っていない場合は写真がある公的な証明書(パスポート等)でもOKですが、写真付きの身分証明書が無い場合、2つの身分証明書を出すように言われる事もあります。

収入もしくは資産の証明になるもの

これは提出を求められない場合もありますが、勤めていない場合は提出しないと行けないことが多いです。いろいろな方法がありますが、銀行から発行してもらう預金証明書等もその1つですし、不動産の登記簿の場合もあります。

本人確認及び信用調査

勤務先確認

クレジットカードを作る場合、会社勤めなら本当にその会社に勤めているかどうか確認が行われます。と言っても会社に常にいる必要性はなく、会社に電話して本人が勤めているかどうか確認出来れば良いだけです。なお、この確認を行うクレジットカード会社は個人名で電話をかけてくれるのでクレジットカード発行を依頼しているという事はバレません。

信用調査

申し込んだ人に本当にクレジットカードを発行して良いのか調べます。それは信用調査と言われ信用情報機関に登録されている情報を元に行われます。過去にどれぐらい借金をしているか、今借りているお金はいくらか、過去に自己破産や任意整理をしていないか等、調べられます。ただしここでの借金は住宅ローン等は別の信用機関の管理になるのであまり影響しません。クレジットカードが発行されるかされないかは、この信用情報機関に登録されている情報によると言えます。

要件はきちんと収入があって過去に問題が無いかどうか

いろいろと書いていますが、結局はきちんと収入があって、購入した代金の回収が可能な人かどうかです。なのできちんと働いていて、過去に借金をしたことが無い人ならほぼ問題はありません。ただし正社員で無い場合は信用情報(お金をきちんと今後払えるかどうか)が低いので限度額が低くなる傾向にあります。それでも発行されないよりは良いですよね。

また働いてない場合でもクレジットカードは発行してもらえる事もあります。この場合は家族カードの申し込みか保証人を付ける場合です。専業主婦でクレジットカードが必要な場合は夫を保証人として申し込む事が多くなっています。

過去に問題がある人でも5年もしくは10年経過すれば再び申しこめばクレジットカードを発行してもらえる事もありますので、まずは申し込んでみるのが良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です