セカンドクレジットカードは、いつも使うスーパーやコンビニのものを持とう!

スポンサーリンク

クレジットカードは何枚持つのが適切か?必要なクレジットカード枚数について下記で説明をしています。

→クレジットカードの平均所有枚数は約3枚。実際には何枚持つのが良いのか?

この中で3種類のクレジットカードを持つ事を推奨しています。下記の通りです。

  • ファースト・クレジットカード:ポイント還元率が高いクレジットカード
  • セカンド・クレジットカード:よく行くスーパーのクレジットカード
  • サード・クレジットカード:ステータスor趣味に繋がるクレジットカード

このコンテンツではセカンドクレジットカードは、よく行くスーパーやコンビニのクレジットカードを持つ事をオススメしています。

なぜよく行くスーパーやコンビニのクレジットカードを持つべきなのか

そもそも何故、よく行くスーパーやコンビニのクレジットカードを持つべきなのでしょうか?ファーストクレジットカードのポイント高還元率のクレジットカードでは駄目なのか?と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。メインとなるスーパーやコンビニが無い、よく行くお店を変えるのであればポイント高還元率のクレジットカードだけに集約した方が良いです。ポイントが分散しませんから。でも、よく行くスーパーやコンビニがあって月に1万円以上使うのであればそのスーパーやコンビニが発行しているクレジットカードは持った方が断然お得になります。

その理由は、カード会員だけのお得なセール日や特典があり、そのセールや特典を利用する事でポイント高還元率なクレジットカードよりもお得になるからです。

2大スーパー イオンとイトーヨーカドー

日本で1位2位のスーパーと言えば、イオンとイトーヨーカドーですよね。1位2位という事はそれだけ利用している人が多いと言えます。イオンで言えば日本国民全員が年間5回以上行っている計算になっています。イオン全体に訪れる累計客数は数年前に5億人を超えているという記事を読んだ事があり、今なら6億人くらいになっていてもおかしくない訳です。

また、イオンのクレジットカードであるイオンカードは5人に1人が持っているクレジットカードという事です。凄いですよね。

イオンはイオンカード、イトーヨーカドーはセブンカードプラスを発行している訳ですが、共に月に2~3日、カード会員向けに割引になる日があります。

イオン お客さま感謝デー

イオンは毎月20日30日はイオンカードを持っていればイオンでのお買物で5%OFFになります(一部対象外商品あり)。いくらポイント還元率が良いクレジットカードでも5%も還元されるものはありません。もちろんイオンカードは還元ではなく割引ですが、還元よりも割引の方が直接お得になりますよね。もし、イオンで20日か30日に買い物に行き、毎月1万円くらい使うのであれば絶対に持っていた方がお得になるカードなのです。

しかもイオンカードは年会費が無料です。毎月1万円、年間12万円使ったとしてポイントは0.5%還元なので600円にしかなりませんが、お買物で恐らく5000円くらいはお得になっているでしょう。仮に2%の還元率のクレジットカードでも2400円分のポイントのみです。

イトーヨーカドー ハッピーデー

イトーヨーカドーは毎月8日18日28日の3日間、セブンカード・プラスを持っていればイトーヨーカドーのお買物で5%OFFになります(一部対象外商品あり)。毎月8の付く日に1回か2回買い物にいって1万円くらい使えば、イオンカード同様年間で5000円くらいはお得になっている事でしょう。

西友やアピタ等のスーパーでも同様なサービスは行っています。

コンビニでお得になるコンビニのクレジットカード

いやいや、スーパー行かないしコンビニだけだし、という人でもよく行くコンビニが発行しているクレジットカードを持つ事でお得になります。セブン-イレブンであればセブンカード・プラス、ファミマであればファミマTカード、ローソンならJMBローソンPontaカードを、それぞれで使う事でポイント還元率2%のクレジットカードよりもお得になります。

例えば平日は毎日仕事帰りにお弁当と飲み物を購入していたとします。1回700円で月に22回使えば15400円です。年間で約185000円も使う訳です。これをコンビニのクレジットカードで支払ったり、工夫して使う事で最低でも4000円くらいはお得になります。

よく買い物をするのならコンビニ・スーパー以外のお店のクレジットカードでもOK

コンビニでもスーパーでも決まってよく行く店は無いけど、マツキヨにはよく行くとか、特定のドラッグストアを利用するのであれば、そこでクレジットカードを発行しているのであればスーパーのクレジットカードやコンビニのクレジットカード同様、ポイント高還元のクレジットカード以上にお得になると言えます。目安としては月に1万円くらいよく行くお店で使っているかどうかです。年会費無料のクレジットカードなら月に5000円以上使っているかどうかです。

また、スーパーやコンビニ、ドラッグストア名のクレジットカードは、ほとんどが年会費無料、もしくは年間使用金額が5万円とか10万円で翌年度も年会費無料になる事が多いため持っていても特に損はしません。セブンカード・プラスは年会費が500円かかりますが前年度に年間5万円以上使っていれば年会費が無料になります。イオンカードにしてみれば年会費無料です。

ポイント高還元のクレジットカードだと年間50万円が目安とかハードルが高く見えますよね。でもスーパーやコンビニのクレジットカードは年間6万円もしくは12万円くらいが目安になるので一気にハードルが低く感じられます。それでもポイント高還元のクレジットカードよりもお得になるというのだから持っていないと損だという事はお解り頂けたと思います。

他にもそれぞれのクレジットカードでお得になる特典はいろいろとあるのですが、それは別途、個別にクレジットカード毎に説明をしていきます。

セカンドクレジットカードは直接お得になるクレジットカード

簡単にまとめると、ファーストクレジットカードはポイントの高還元でお得になるためのクレジットカード、セカンドクレジットカードはお買物で直接割引をしてもらい更にポイントもたまるクレジットカードでありメインは直接割引をしてもらうために持つべきカードだと言えます。2枚を上手く使う事でよりお得な生活を送れるようになりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です